スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
情熱は暁に溶けて
2007-10-25 Thu 03:06
鏡に映った顔は、なんとも表現し難いものだ。

特にそれが、こちらがそれを眺めているとは知らない、愛する人の世界であるのならば、その時間は時に甘く、そして残酷に流れていく。

鏡の前で一人見せるその顔は、言わばその人間の心象風景がこの現世に少しばかり、悪戯をするタイミングを窺う妖精のように、そっとその姿を現したものだと、私は思う。

半分閉じたような瞼の下から、まるで自分を、他者を値踏みするかのように上目遣いで覗き込む。
それは自己への疑問、不満、反発を抱えた眼差しであることが多い。
逆にその目が伏目がちに下方へ向けられ、私のがさがさの手で撫でられ、しかし淡く桃色に色褪せない頬が緩んでいる場合、それは幸福であり、至福をその些細な瞬間に、噛み締めているものだと、私は思う。

鏡の前にいながら鏡を全く見ず、頭頂部を鏡に映して肩をいからせ、深い溜息だけがその体を動かしている状態の時は、触らぬ神に祟りなし、とはいうものの、そっとその体を包むことが私に出来るほんの少しながらの慰みかもしれない。
何故なら、そういった時人間は大抵、疲れや悲しみをこらえているものだからだ。
怒りがそうさせる場合もあるが、それはそれであり、相手のことを思うのであれば、ああ、親愛なる愚鈍な私よ、その時は彼女の手を優しくさするしかないのだろう。

その光と世界を正反対に反射する鏡の前で、不思議そうな眼差しを自分にあて、ころころと笑ったりふくれっ面をしたりするのは、何か楽しいことを堪えている状態。
先ほどとは逆に、この面白おかしい行動をしている間、その人は意識的にそれをやっているので(ただ感情を堪えきれずそういった行動に走っているだけなのだ)、これを邪魔すると後で痛い目にあるのである。
無論、こちらとしては面白い話の記憶が増えるだけなのであるが、相手にとって恥ずかしい記憶を植え付けるのはやぼというものだろう。
不可抗力で無い限り、このつまらない文章を目で追ってくださっている皆様も、どうかそういった女性達の可愛らしい一面を妨害しないで頂きたい。

話はそして、私に移るわけだが。

今こうして、その人を失った後に見る鏡というのは、なんとも空虚なものだ。
上記にあげたような、自身の世界など垣間見えず、ただ毎朝髭は伸びていないか、目ヤニはついていないか、などといった、儀式的、典型的なことにしか私の心は働かないのである。

しかし時に、ふとした夜もまだたけなわの時間。
理由もなく鏡の前に自身をかざしてみれば、おかしなことに、過去の記憶という光が、私というフィルターを通して、鏡の世界に具現するのである。

眼鏡を傍らに置き、顔を洗う姿。
化粧が崩れていないか確認し、リップ、アイラインを整える姿。
そして、上記にあげたような、甘く、恐ろしく、しかし愛する人間の世界を覗き見るという、やや緊張にも似た甘美な時間。

そうして、私は引きつったように曲がった、自嘲気味の自身の唇を認めることで、現実世界へと引っ張り戻される。
軽くふっ、と溜息がもれるのはいつものこと。
馬鹿馬鹿しい、と常々頭の中で言い捨てては、自分の嫌悪すら覚える顔に一瞥をくれて、そのバスルームを立ち去るのである。

そうして、私はただ夜明けを待つ。
少なくとも、陽光は図々しいほどに明るいため、私の心を暴きはしないからだ。
逆に、優しく私を包むような月光と暗闇、そして静寂は、私の無駄な努力を嘲笑うかのように、ゆっくりと、一枚一枚、私の心のひだを押し広げ、そして様々な感情を露出させてしまう。

ああ、夜とはなんと、罪深いものなのか。
いや、それはただ、夜に暴かれる自身の罪深さをただこの美しい闇夜に押し付けているだけなのかもしれない。

無気力さに我を見つめることしか出来なくなった私は、ただ、ひたすらに暁を待つ。
そうすればきっと、私は安らかに、自己への欺瞞も怠惰も感じずに、深く静かに、夢の中へと沈んでいけるのだから。

情熱は暁に溶けて、ゆっくりとゆっくりと、その僅かな灯火を心に残す。
いつかまた、夜が愛すべき時間になる日を待って。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 少女嗜好 | 老いぼれ犬のセレナーデ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 少女嗜好 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。